病気や症状は心と身体からのメッセージ!?

この記事では、病気や症状を「心と身体からのメッセージ」として受け取ることの大切さについて解説していきたいと思います。

 

早速ですが、本題に入る前に、二人三脚ヒーリングの参加者からいただいたご感想を紹介させてください。

 

遠隔ヒーリングのご感想

 

いつもありがとうございます。

 

先日の施術の際、いろいろな症状が多く出てしまっている状態でも、
以前より精神的に安定してきたのは何故だろう。とヒーリング前にボーっと考えていたら、

 

二人三脚ヒーリングや臓器の擬人化など自分の身体と向き合うようになって、
今の病気や不調の捉え方が以前と変わっていることに気が付きました。

 

以前は病気や症状が出る事=悪い事と捉えており、
症状が出るたびに自己否定的な気持ちになっていました。

 

よくよく考えると、症状が出たことによって起こった出来事に関して否定から始まっていました。

 

例えば、体調悪くて学校・会社を休んでしまった。友達との約束をドタキャンしてしまった。出かける出かけないで家族・彼氏とケンカになる…。
など、症状の原因も自分自身でも分からないなか、
自分の我慢や頑張りが足りないのでないか、自分だけ人よりも何か劣っているからではないかという思いに行きつき、体調が悪い事は良くない事と思い込んでいました。

 

そして、病気のイメージがなんとなく外からの攻撃(ウイルスとかストレスとか自分の外からやってくる)のイメージを持っていた為、
ストレスの原因や、起こってしまった悪い出来事にばかりフォーカスしていたなと。

 

しかし、臓器の擬人化などで自分の身体を手当てする事を始めた時、
今までずっと臓器や体からの悲鳴を無視していたんだなと。

 

病気や症状を出し続けてずっとサインを送ってくれてたのに気づいていないだけだったんだと感じました。

 

そうしたら、状態の悪い事自体は体からのサインで決して悪い事ではないのだと、
いい状態も悪い状態も自分の中にあって良いのだと。

 

今の病気や症状を受け入れる事が出来たのが大きかったのかもしれません。

~ご感想ここまで~

病気や症状を「心と身体からのメッセージ」として受け取ることの大切さ

 

このご感想を送っていただいた方は、手当て整体菊地屋の施術と二人三脚ヒーリング、どちらも受けていただいている方なのですが、「最近、心と身体がどんどん変化しているな」と感じていました。

 

そしてその理由が、ご自分の分析では「病気や症状は悪いものという考えを変えたことにある」と。

 

これはとても素晴らしい分析だと思います。

 

これまでずっと伝え続けてきたことですが、病気というものは、敵対したり、嫌悪し過ぎてしまうと、不思議と改善しづらくなってしまう傾向があります。(ですので菊地屋では「病気と共存すること」を提案しています)

 

一方で、病気を自分の身体からのサインだと捉え、「この病気にはどんなメッセージがあるのだろう?」とか「この症状は、仕事で無理し過ぎとか、嫌なことを我慢し過ぎという意味かな?」とか、そういった発想を持てる人は、一時的に症状が現れたとしても、その度にライフスタイルを見直すことができるので、重い病気になりづらく、症状も改善しやすかったりします。

 

とはいえ、「病気や症状=身体からのメッセージ」と素直に受け取れる方はそう多くありません・・

 

その理由はおそらく、病気や症状をメッセージとして受け止めるということは、これまで自分が「見てみないふりしてきたこと」「抑圧してきたこと」「本当は大嫌いなことや人」「実はめちゃくちゃやりたいこと」などと改めて向き合わなければいけなくなるからでしょう。
(そういう作業は、かなり勇気が必要ですし、大変な作業ですからね・・)

 

病気や症状を出し続けてずっとサインを送ってくれてたのに気づいていないだけだったんだと感じました。

僕の経験上、重い病気や症状が出ている方ほど上記のコメントのような状態になっている気がします・・

 

逆に言えば、この方のように、少しずつ病気や症状をサインとして受け止めることができるようになってくると、不思議と心と身体もどんどん変わっていく傾向があるのです。

 

もしもあなたが、長年、さまざまな症状にお悩みだとしたら、「そのような症状が意味していることがなんなのか?」一度深く考えてみてもいいかもしれません。

 

意外と単純な話で、「睡眠不足ですよ」とか「運動不足ですよ」とか「暴飲暴食し過ぎですよ」とか「身体が冷え過ぎですよ」といったサインかもしれませんし。

 

もっと複雑になると「家族やパートナーとの関係」や「職場の人間関係」「抑圧していること」などが関係しているかもしれません。

 

考えたところで明確な答えが出てくるわけではないかもしれませんが、重要なことは、「病気や症状を心と身体からのサインとして受け取ってあげること」です。

 

そういう発想を少しだけ持ってあげるだけでも、症状が軽減したりするので身体って不思議だな~と思います。

〇関連記事

病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由

子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と共存していく生き方

なぜ子宮や卵巣の病気が増えているのか?みんな知らない目からウロコの仮説

【どんな仕組み?】対面・遠隔ヒーリングの原理をわかりやすく解説→病気を気にし過ぎると悪化することが多い理由

手当て整体菊地屋のコンセプトや特徴